忙しい主婦に多い「疲労感」は原因の特定と対策で解決します
忙しい主婦に多い「疲労感」は原因の特定と対策で解決します

疲れやすい身体に聞く成分~PMS時期以外の症状も原因の一つ~

専業主婦は女性ホルモンが乱れやすい~生理前の疲労感との深い関係~

主婦は生活の中で、様々な仕事をこなしています。そんな中で、自分のことを気にしている時間がない人もいるでしょう。家事・育児中心の生活をして、自分の身体のことを気にしていないと女性ホルモンの分泌が乱れやすくなります。

生理前の女性の身体に関係するホルモン

悲しむ女性

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンがあります。この二つは卵巣から分泌され、美しい肌や美しい体形を維持するためには重要な存在です。また、妊娠や出産に適した身体にする役目もあります。月経後はエストロゲンが多く分泌され、身体と心の両方が安定して良い状態になります。エストロゲンが多く分泌されるのは排卵期前まで、基礎体温が低いのが特徴です。プロゲステロンは排卵後に分泌され、身体と心が不安定な状態になります。肌が荒れやすく、基礎体温が低いです。分泌される期間は月経前まで続きます。

女性ホルモンの増減による身体への影響

エストロゲンとプロゲステロンは、女性の身体を支える重要な女性ホルモンです。しかし、この2つの増減が生理前の疲労感を引き起こします。

どうしてエストロゲンが減少することで疲れやすくなるのですか?
エストロゲンが減少すると、血管が細くなり血流が悪くなります。血流が悪くなると老廃物などが溜まりやすくなり、疲れが取れにくくなってしまいます。その結果、疲れを感じやすい体になるのです。そのエストロゲンは、生理前になると減少してしまうため、血管の拡張する力が弱まりこのような状態に陥ってしまいます。
プロゲステロンの増加で疲れやすくなるメカニズムについて教えて下さい。
プロゲステロンは妊娠しやすい時期に多く分泌され、妊娠に適した身体づくりをしようと準備を始めます。この準備は、妊娠を予定していなくても必ず行なわれるのです。そして、妊娠時期は無理をしてはいけないため、プロゲステロンによって安静にして過ごすようにと身体が促されます。そのため、このプロゲステロンの指示によって疲れやすい体になってしまうのです。

家事や育児のストレスも上乗せ

生理前は、ただでさえ女性ホルモンの増減で体調が変化しやすいです。しかし、専業主婦の場合は周辺の環境も大きく影響しています。

家事や育児のストレス
女性ホルモンは卵巣から分泌されますが、脳から指令を受けることで分泌されているのです。しかし、ストレスを抱えている状態になると、脳は正常な判断が出来ず、ホルモン分泌の指示が乱れてしまいます。そのため、女性ホルモンの分泌は生理前でなくてもストレスを抱えると乱れてしまうのです。家事や育児でストレスが溜まっていると、女性ホルモンの分泌は常に乱れた状態になるでしょう。
ストレスによる活性酸素の増加
ストレスは活性酸素を発生させます。活性酸素の発生は疲れに繋がりますが、通常は抗酸化作用によって増加が抑えられています。しかし、ストレスが発生するとビタミンCが多く消費されてしまうのです。このビタミンCこそが、活性酸素を除去する抗酸化作用の役目を果たします。そのため、ビタミンCの減少によって活性酸素の除去が間に合わず、疲れやすい身体になる原因を作ることになります。

疲れやすい症状を改善する~専業主婦でも簡単にできる対策~

専業主婦は、土日の休みもなく毎日家庭の仕事をしているので、ストレスを溜め込み疲れやすい身体になっています。女性ホルモンの分泌を良くして疲れにくい身体にするためには、きちんとした対策が必要です。どのような対策方法があるか見ていきましょう。

専業主婦が出来る生理前の疲労感の改善法

家事や育児で忙しくしている専業主婦が、生理前の疲労感を改善する場合、一番手っ取り早く取り組めるのが生活習慣の見直しです。

栄養バランスを考えた食事をするようにしています。(30代/女性/専業主婦)

私は毎日の食事に気を遣って、野菜やお肉、乳製品からビタミンやカルシウム、イソフラボン、DHAなどの栄養素をバランス良く取るように気を付けています。また、おやつが食べたくなったときは、フルーツやナッツ類を食べてお菓子を控えるようにしていますよ。

子どもと一緒に積極的に運動していますよ。(40代/女性/専業主婦)

疲れやすい身体だから運動すると逆に疲れるんじゃないかと思っていたんですけど、軽く有酸素運動をするようになってから疲れを感じにくくなったような気がします。子どもと一緒に、散歩がてらウォーキングをして楽しんでいますよ。

サプリメントの併用でさらなる改善

専業主婦の一日は、思っている以上に忙しいのです。そのため、ホルモンバランスを考えた献立の改善や有酸素運動を取り入れる時間を作ることが出来ない人もいます。そういったときに便利なのが、サプリメントです。サプリメントを活用すれば、普段の食事からとることが難しい栄養素を簡単に摂取することが出来ます。サプリメントをうまく活用して、疲れやすい身体へと改善することが出来るでしょう。

積極的に取り入れたい成分

サプリメントを活用するのなら、女性ホルモンを安定させる成分が入っているかを確認するべきです。ここで、おすすめの成分を紹介します。

テアニン
テアニンは、アミノ酸の1種で、リラックス効果があります。この成分は、お茶に含まれていますが、お茶にはカフェインも入っているのでリラックス目的では効果が薄れてしまいます。リラックス効果を発揮するためには、テアニンだけが入っているサプリメントを飲むと良いでしょう。テアニンのリラックス効果は、PMSの症状にも効きます。
ガンマリノレン酸
ガンマリノレン酸は、女性ホルモンの分泌を整える成分として良いと言われています。脂肪酸の1種で、このガンマリノレン酸が入ったサプリメントを毎日摂取することで、ホルモンのバランスが常に良くなる効果が期待できます。そのため、PMS時期の不調の差が徐々になくなるでしょう。また、PMSだけでなく、生理痛が酷くて悩んでいる人も、その症状を緩和することが出来ます。
チェストツリー
チェストツリーは、ハーブでホルモンバランスを整えてくれ、母乳の出が悪い人や、不妊で悩んでいる人向けの治療で使用されてきました。短期間で効果は出ませんが、継続することで効果が現れます。また、効果が現れるまでの期間は、約2~3ヶ月ほどです。どうしても個人差はありますが、続けることでPMSの症状を緩和することが出来るでしょう。
TOPボタン